今後新た中学高校数学追加で組み込まれるか知れない相対性理

今後新た中学高校数学追加で組み込まれるか知れない相対性理。後半の質問についてですが、ガロア理論のように斬新さはないと思いますが、近年の数学の参考書や教科書に変化があるように、数学も新しい公式や考え方が追加されています。ニ次方程式や微積分や関数最初発見た人って、どんな過程経て発見たんかね 四則演算の始まりならなく予想できるんけど上記の計算自分や皆さん既ある公式暗記たり参考書読んだり教師解き方習い問題解いているだけだ思 ので最初公式見つけ出た人の思考一切想像できません、か知っている方居たら 今後新た中学高校数学追加で組み込まれるか知れない、相対性理論やリーマン予想等の高度で無い難易度割低めで当たり前過ぎて見落されてる様な新発見数学公式数学者見つける可能性あるんか

後半の質問についてですが、ガロア理論のように斬新さはないと思いますが、近年の数学の参考書や教科書に変化があるように、数学も新しい公式や考え方が追加されています。例えば、数列の準公式、正式な名前はまだないようです。これを公式にするには、ΣだけでΠも導入する必要があります。のような、Πの導入には問題があるようです。後、期待値の考え方分布を考えるようになった、偏差値などの統計学の復権、ベイズ理論のような事後確率などの新登場、後は、べズーの等式、これは、意外に応用範囲が広いです。べズーの等式は、参考書や教科書にいつ登場してもおかしくないです。積分に関してはすでにアイディアはアルキメデスの時代から取り尽くし法があって、放物線などの囲まれた部分の面積も求めていたデカルトが座標を定義して、そこからそのアイディアを取り入れて積分を作ることができた同時にニュートンは物理を考えていたので、微分のアイディアは積分と真逆であることを発見してから微分積分学が飛躍的に進化した微分積分学の基本定理2次方程式に関しては古代文明メソポタミアやインド中国などの古い文献にすでに出てくるようなので、誰がどういう過程で生んだかはわかりませんが、たとえば土地の分割などで自然な形で出てくることがあります。たとえば100×80の長方形の土地に、上下何メートル伸ばして面積を20000平方メートルにしたいとき、どれくらい伸ばせばいいかみたいな話です。100+x80+x=20000のような。文明が始まって土地の測量を正確にしなければならないと、どうしても正確な数学は避けられないでしょう。

  • 女性からの告白はNG 今まで付き合うにしろ片想いをされる
  • ファンからの声 パチンコで大当たりがでても入れた分のお金
  • 2021年最新 最近TikTokで流行ってる韓国の花男の
  • iTunesカードの使い方 AppleIDの残高があるの
  • これって私だけ これって誰ですか
  • Write your comment Here